2007年03月29日

なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

就職・転職・アルバイト応募の際に履歴書の書き方の基本です。履歴書は手書きで書くのが基本です。字が綺麗でないからという理由でワープロ等を使いたくなる気持ちはわかりますが、それでも丁寧に努力して書くという姿勢が大切なのです。選考する側としては、そういうところから人柄を判断したりする部分もあります。そして、複数の企業へ応募する際には、全て同じ履歴書ではなくて、志望する会社に向けに書くようにします。
[履歴書の書き方の基本]
■日付
日付は履歴書の提出する日を記入。数字は算用数字で統一。
■振り仮名
「ふりがな」とあればひらがな。「フリガナ」とあればカタカナで振る。
■印鑑
曲がる、欠ける、汚れるなどの捺印は避けよう。
■写真
カラーでも白黒でもいいが、3ヶ月以内に撮影したものを使う。スナップ写真は不可。
■住所
都道府県から部屋番号まで正確に記入。電話番号は市外局番も忘れずに記入。
■学歴
小学校から順序良く記入していく、一般的に小中学校は卒業年のみ。それ以上の学歴は入学と卒業年を記入。
■職歴
長い期間働いたものや希望職種に近いものは特に強調してアピールする。
■通勤時間
乗り換えなどを省いた自宅の最寄駅から会社の最寄駅までの時間を記入。
■希望欄
希望職種と特別意思表示したい項目のみ記入
■資格・免許
一般的には時系列に書く。応募先業務に関連の強いモノを強調。
■趣味特技
自分の個性をアピールする。
■志望動機
なぜその仕事をしようと思ったのか、できるだけ具体的に自分の言葉で書こう。志望動機の欄で「ここで仕事がしたい」という気持ちをアピールする。

※各項目の書き方のポイントについては、他の書き方の詳細についての記事を参照してください。
o0159369 at 06:00履歴書の書き方と例 

2007年03月28日

履歴書の未経験職種への応募者の志望動機書き方例文を2つ紹介します。この場合のポイントは業務経験がなくとも、自分の持っているスキルや補佐的に行なっていた業務などの経験をもとにアピールします。未経験の場合、ただ「挑戦したい!」「全力で頑張ります!」のような精神論的な表現ではだけでなく、志望する業務に関する土台があることを明示したいところです。

■接客業から営業職への応募する志望動機の書き方の例文
『自分の工夫や努力が明確な成果として現れる仕事をしたくて営業職を希望しました。前職でもお客様に喜ばれることがやりがいでしたが、御社では趣味の自動車知識を生かして、お客様と長く続く関係を築きたいと思います。』

■営業事務職から販売職へ応募する志望動機の書き方の例文」
『前職では契約後のお客様対応業務を担当しました。ご要望に沿った提案や助言をして喜ばれる仕事にやりがいを感じておりました。アドバイス販売に力を入れる貴ショップで販売職としてのキャリアを積みたく考えております。』
o0159369 at 11:55志望動機の書き方と例文(転職) 
今回は、一般的な情報ではなく、私が個人的に転職で成功してきた履歴書の書き方と転職のノウハウをお伝えします。また有益な転職成功者の事例を紹介できたらと思っています。

まず履歴書の用紙ですが、私も場合主にオリジナルを使用して来ました。オリジナルで志望動機と自己prを熱く語りました。業種にも寄るかと思いますが、IT業界という比較的歴史の浅い、別な言い方をするとベンチャー的で新しい発想が求められる業界でしたので、あえて自分で履歴書を作って職歴、志望動機、スキルをアピールしました。

(※但し、市販の履歴書のフォーマットを使うのが一般的です。私の場合はベンチャー企業への応募の際に限りオリジナルの履歴書を使用しました。一般業種への応募などは市販のフォーマットを使うことを一般的なビジネスマナーです。)

その方が履歴書の項目の中で重要と思った、自己prや志望動機を上手に表現できると考えたからです。それに、きちんとしたものであれば、オリジナルの履歴書の方が目立ちます。平均的な履歴書の用紙や書き方が多い中、ユニークな履歴書があれば優位です。熱意あふれる志望動機をはじめ自己prでバッチリと決めて来ました。ベンチャー企業ということもあって、企業側には創意工夫する点が認められただと思います。

オリジナルの履歴書の作り方は簡単です、パソコンがありエクセルかワードが使えればそれでOKです。企業に一番訴えたい、志望動機を自己prがメインに見えるような構成を考えます。

その他学歴、職歴、資格、趣味、家族構成、個人情報などは市販のもとを参考にします。写真を貼る位置も確保しておきます。

企業採用者に会いたいと思わせる履歴書の職歴、志望動機、自己prの書き方は、別の記事の中でおいおい話していきます。
o0159369 at 11:51志望動機の書き方と例文(転職) 
履歴書を書くときは、まず「何を書くか?」をじっくりと考えます。「自分のセールスポイントは何か?」「どう書いたら企業の人事担当者が評価してくれるか?」を徹底的に考えます。履歴書作りの準備として、自分のprポイントを明確にすることから始めます。

自己prポイントを見極める上で大切なのは「何のために転職(就職)をするか」ということです。志望動機が大切です。ここがはっきりしないと転職活動、就職活動の成功は難しくなります。

某転職支援会社のリサーチでは自己prするのに次のような志望動機が多いそうです。

1.給料、昇給の待遇がよくないから
2.自分にあった仕事を見つけたいから
3.自分の能力を十分に発揮できる会社の移りたいから
4.会社や業界の将来に不安を感じるから
5.現在の仕事は遣り甲斐を感じないから
6.自分の意見や業績が正当に評価されないから
7.キャリアアップしたいから
8.人脈を広げたいから

さて、自分が将来どうなりたいのか?自分に自問自答しながら志望動機を明確にしていきましょう。履歴書作りはそこからです。

人間行動を起すには理由があります。動機(モチベーション)があります。貴方のモチベーションはなんですか?

何をしたいのか?どうなりたいのか?

履歴書の作成にあたり、良い自己pr作りには、熱い志望動機が必要です。
前向きでプラスのイメージを与える志望動機を考えていきましょう。
o0159369 at 11:50履歴書の書き方と例 

2007年03月27日

履歴書の未経験職種への応募者の志望動機の書き方の例文を2つ紹介します。この場合のポイントは業務経験がなくとも、自分の持っているスキルや補佐的に行なっていた業務などの経験をもとにアピールします。未経験の場合、ただ「挑戦したい!」「全力で頑張ります!」のような精神論的な表現ではだけでなく、志望する業務に関する土台があることを明示したいところです。

■接客業から営業職への応募する志望動機の書き方の例文
『自分の工夫や努力が明確な成果として現れる仕事をしたくて営業職を希望しました。前職でもお客様に喜ばれることがやりがいでしたが、御社では趣味の自動車知識を生かして、お客様と長く続く関係を築きたいと思います。』

■営業事務職から販売職へ応募する志望動機の書き方の例文」
『前職では契約後のお客様対応業務を担当しました。ご要望に沿った提案や助言をして喜ばれる仕事にやりがいを感じておりました。アドバイス販売に力を入れる貴ショップで販売職としてのキャリアを積みたく考えております。』
o0159369 at 15:47志望動機の書き方と例文(転職) 

2007年03月23日

転職者の履歴書の志望動機の書き方の例文です。未経験者の場合は、「チャレンジ精神で頑張ります!」と精神論的な書き方になりがちです。気持ちの上では何とでも書けますので、それでは企業の採用担当者の心を動かせないでしょう。意欲が本物であることを採用担当者に納得してもらうには、裏づけが必要です。「資格を所得した」「スクールに通った」「独学で勉強した」など具体的な行動実績をアピールするのが上手な書き方です。また、そういった実績の無い方でも志望する企業への業務に関連する業務知識や基本技能があれば書くようにします。例えばパソコンのスキルや接客・調整の経験、コミュニケーション能力などです。自分の経歴を振り返ってみよう。

■未経験者の志望動機の例文(営業職→一般事務職への応募)
『職務経歴書に書いた通り事務職経験者に匹敵するパソコンスキルはあります。今までは営業として、後方支援とし適切で効率的に事務作業の重要性を痛感し理解したおります。その体験を活かして御社にて新たなキャリアを積みたく考えています。』

この例のポイントは、今まで業務経験の中で応募する業種や業務への応用できる基本知識、基本技能があればアピールする材料として使いました。パソコンスキル、接客の経験、コミュニケーション力などは広範囲な職種に使えます。その他で職歴として書くほどではなかった業務補佐の経験なども志望先に関連するようなことは、土台があるいうことをアピールしたいところです。

※上の例文はあくまで例です。履歴書の志望動機の欄は自分の文章で書くようにしましょう。

o0159369 at 09:06志望動機の書き方と例文(転職) 

2007年03月14日

協調性をアピールする志望動機の書き方の例文を紹介します。「社内でもめごとを起こさずに、まわりの人と上手くやっていける」という印象を与えるようにします。また、営業職やサービス職であれば協調性のある性格が「顧客と良い関係を築くこと」を印象付けます。履歴書に記入する際には、「私はまわりの人と上手くやっていける性格です」とストレートな書き方をするのではなく、具体的な出来事などを交えて記入するようにすると良いでしょう。なかなか過去の出来事が思い出せないような人は、履歴書を書く前から日常の性格の中で色々な出来事を思い出すようにするとヒントが見つかったりします。

特に履歴書の志望動機の欄は、いきなり書式に向かっても書く内容が出てこないものです。あくまで、過去の出来事の流れの中から、「将来はこうなりたい!」というものを見つけていくことが大切です。また、この性格をアピールする書き方は、キャリアを求められる転職希望者には向きません。あくまでも、第二新卒のような浅めのキャリアの転職希望者がアピールする要素だと思います。

■協調性をアピールした志望動機の例文(良い例)
『前職は御社と同業種で、常々御社の営業戦略には魅力を感じていました。御社の営業の方々の大変エネルギッシュに活動されているのを拝見し、私も仲間に入れていただきたいと思い志望しました。』

『私はチームをまとめて仕事を進めていくことが得意です。前職の新規事業の立上げの際はチームリーダーを任され年間売上を達成しました。この性格を活かし御社でもチームの要となれるように頑張りたいと思います。』

■協調性をアピールした志望動機の例文(悪い例)
『私は皆と上手くやっていくことのできる性格です。その性格を活かして御社でも頑張りたいと思います。』

良い例文では具体的な出来事が含まれているのに対して、悪い例文はただ「上手くやっていける」と言っているだけです。自分の過去の出来事を思い出して志望動機を考えてみましょう。
o0159369 at 10:20志望動機の書き方と例文(就職) 
気になるアイテムをチェック♪
Profile
今月の一言
転職、就職活動の成功のポイントは「自分探し」。自分の今の状況、すなわち立ち位置を再確認すること。そして、将来を考えること。それができらば、自然と自分の志望動機は見えてくる!

あと履歴書の書き方のコツを掴み、その志望動機をアピールすることが大切!

私も何回も転職をしましたが、転職初心者の頃を思い出すと、今では考えなれない内容のない履歴書を書いていたと思います。志望動機も書籍で見つけたありふれたものを書いていました。

でも、履歴書の書き方を知ると、結構良い文章が書けるようになるものですよね。自分を知れば、志望動機だって見違えるほど説得力を増し、熱意のこもったものになる。

暑さに負けずに、1歩1歩確実にことを進めましょう!!
  • ライブドアブログ